[Special対談]エスネットワークスでCFOをつくる男 × エスネットワークスからCFOになった男

東証一部上場企業のCFOを務める尾身氏と、当社代表取締役社長の須原との対談から、その実像に迫ります

提案だけでなく、提案自体を実行する会計と財務のプロが求められている

尾身:
須原社長と私の最初の出会いは、予備校でした。会計士の資格取得のために通っていた予備校の講師をしていらしたんですよね。
須原:
懐かしいですね。当時は大学生と予備校の講師、2足のわらじを履いていました。
尾身:
その後、会計士の2次試験に合格して就職先を探していたときに、予備校の先生から「以前講師をしていた須原さんがはじめた会社は、尾身君に向いていると思うよ」と声をかけていただきました。公認会計士の勉強を始めたのは監査がしたかったわけではないものの、就職先として多くの道が用意されていたわけでもなかったので、これはチャンスだと思い、面接を受けにいったんです。
須原:
面接のときのことは、私もよく覚えています。
尾身:
それは光栄です。エスネットワークスは、単なるコンサルティングに留まらず、クライアントに常駐して、クライアントの社員と一緒に課題解決を実行する「常駐スタイル」をとっていますよね。そのスタイルで学んだことが、今の仕事にとても役立っているのですが、それをはじめるきっかけは何だったのですか?
クライアントの中に入って実行できるプロフェッショナルチームをつくりたい
クライアントの中に入って実行できる
プロフェッショナルチームをつくりたい
須原:

私が監査法人で株式上場のアドバイスをしていた頃、クライアントの社長に提案書をお渡ししたところ、「課題は自分にもわかっている。でも、これを実行する人材が社内にいないんだ」と指摘されたことがありました。ならば、提案だけでなく、クライアントの中に入って実行できるプロフェッショナルチームをつくろうと考えたのがきっかけですね。

尾身:
なるほど。第3者としての判断を求められる監査法人の立場では、その企業の中に入って動くことはできませんからね。
須原:
はい。日本の中小企業はGDPの50%、雇用の70%を支えています。にも関わらず、会計や財務のリテラシーのある人材が圧倒的に不足しています。成長企業や中小企業に、会計と財務のリテラシーを持った人材(=CFO)が配置されれば、経営の持続性と成長性が高まり、我が国のGDPを押し上げる効果があるわけです。

「会計」は、もともと「経営に役立つ考え方や論理」がベースの学問です。それを監査のためだけではなく、経営のための武器として磨き、使っていくことを始めようと。その中から、CFOやCEOとして活躍する人材が生まれる。エスが果たすべき役割は大きいと思っています。

プロフィール

プロフィール

株式会社エスネットワークス 代表取締役社長
公認会計士

須原 伸太郎Suhara Shintaro

一橋大学経済学部卒業。監査法人トーマツ入所後、株式会社マッキャンエリクソンにて企業のブランド戦略立案及びマーケティングプランニングに従事。1999年株式会社エスネットワークスを共同設立。2011年4月、代表取締役社長に就任 。

プロフィール

太陽ホールディングス株式会社 管理本部副本部長
公認会計士

尾身 修一Omi Shuichi

青山学院大学経営学部卒業。家業のそば店を手伝いながら会計士2次試験に合格。2000年株式会社エスネットワークス入社。2011年12月、太陽ホールディングス株式会社に移籍。同社管理本部副本部長に就任。

※役職・職務はインタビュー当時のまま掲載しております

採用情報

刊行物

決算書の読み方 危ない会社の見分け方

決算書の読み方 危ない会社の見分け方
価格:945
単行本:74ページ
発売日:2013/12

経営目標を必ず突破できる! 事業計画書のつくり方

経営目標を必ず突破できる! 事業計画書のつくり方
価格:1680
単行本:184ページ
発売日:2012/01

月次決算書 作成の勘どころ

定期情報誌
価格:無料
雑誌:株式会社エスネットワークス発行
発売日:四半期に一度

ページの先頭へ戻る