ご挨拶

当社は、「経営者の支援と経営者の輩出を通じて日本国経済に貢献する」を企業理念に掲げ、日本の中小企業市場を活性化させることを事業の柱としたコンサルティング会社です。

日本の中小企業には、優れた技術や生産ノウハウ、ユニークな企業理念を有している会社が多数存在しています。

一方でこうした強みを持ちながら、財務面や管理面が脆弱であるために、持続的な成長を果たせず苦しまれている会社も数多く見受けられます。

私たちは、1999年の創業以来、中小企業の抱えるアキレス腱(財務戦略、成長戦略、経営管理体制の整備)を解決すべく、ファイナンスサポート、経営管理システム構築、会計税務リスクの検出、IPOサポート、M&Aサポート、企業再生サポート、アジア進出といった分野のコンサルティングメニューを取り揃えてまいりました。

コンサルティング業界は、経営者に対するアドバイスをしながらも、自らは経営に関与しない。という矛盾を抱えています。

このジレンマを少しでも解決するために、当社では、スタッフが中長期的に顧客企業の現場に常駐し、自ら提案した解決策の実行まで請け負います。

またボードメンバーに至っては、自ら顧客企業の経営に参画し、CFOとして経営自体を遂行していきます。

このような、コンサルティング領域と経営領域を横断的に行き来する当社独自の取り組み(※)により、これまで数多くの顧客企業様との信頼関係を構築してまいりました。

日本には、現場で優秀な力を発揮する人材は数多くいる一方、全社的なリーダーシップを実践する経営人材は圧倒的に不足しています。

だからこそ当社では、経営者をサポートする仕事を通じて、リーダーシップと財務リテラシーをあわせもつ経営人材(CFO)を育てています。そうすることで、経営人材(CFO)が不足している中小企業の持続的な成長に、ひいては日本経済の活性化に貢献できると考えているからです。

エスネットワークスは、明日の日本を担う経営人材を輩出するための「関数」でありたい。

「経営者の輩出」という理念の下に集まってきた私たちは、一人ひとりが、スキルフルな専門家であると同時に、成長意欲と高いモチベーションをもった経営プロフェッショナル集団です。こうした社風や姿勢こそが、明日のお客様からの支持に繋がっていくものと自負しています。

  • 2013年8月
  • 代表取締役社長 須原 伸太郎

会社案内

刊行物

決算書の読み方 危ない会社の見分け方

決算書の読み方 危ない会社の見分け方
価格:945
単行本:74ページ
発売日:2013/12

M&A交渉人養成プログラム BEPS時代のグローバル組織設計法

M&A交渉人養成プログラム BEPS時代のグローバル組織設計法
価格:2,160
単行本:232ページ
発売日:2016/05

月次決算書 作成の勘どころ

定期情報誌
価格:無料
雑誌:株式会社エスネットワークス発行
発売日:四半期に一度

ページの先頭へ戻る