IFRS連結パッケージの作り方  [単行本]

IFRS連結パッケージの作り方
IFRSベースでの連結財務諸表の作成にあたり、IFRSに対応した連結決算の一連の基礎資料(連結パッケージ)を主要項目ごとに例示します。
自社の状況に合う連結パッケージの作成・改修のための詳細を、Q&Aで解説いたします。
  • 著者:株式会社エスネットワークス
  • 価格:2,520円(税込)
  • 出版社:中央経済社(2011/12)
  • ISBN:4502446904
  • ISBN-13:978-4502446900
  • 単行本:188ページ
  • 発行年月日:2011/12
  • 商品の寸法:21.3 x 15.3 x 2 cm

IFRSでは、原則として、全ての子会社を連結することが求められる。従来の日本基準においては、重要性の低い子会社は連結から除外することが可能であったが、IFRSでは一部の例外を除いては除外することが難しくなる。
従い、従来連結子会社でなかった子会社についても、連結決算を組むことが耐えうる体制にすることが必要となる。

本書は、IFRSを適用する企業が、連結決算のプロセスにおいて「自社で用いる連結パッケージに、どのような情報を盛り込むべきか」という実務上の問題点を、組替仕訳やフォーマットなどの情報を示すことで解決することを目的にしている。

本書の主なコンテンツ
IFRSの概要と連結手続の体系

会計方針
収益認識
工事契約
棚卸資産
金融商品
のれん
有形固定資産
投資不動産
借入費用の資産化〔ほか〕