将来投資

企業が、将来的な資本・生産能力の増加を目的として、今ある資本を投じ、将来に投資する活動を将来投資と言います。海外進出、新規事業参入を検討する企業においては、市場規模や競合状況、自社の既存事業や販路、経営資源との整合性を考慮して検討する必要があります。また、新規事業が立ち上がり収益化するまでの時間や赤字額はどのくらい許容できるのか、などを計算した上で計画を立てています。現在のキャッシュフローだけでなく、むこう何年間にわたってどのくらいのキャッシュフローを生むことが可能か、将来予測も必要になります。いずれにせよ、B/SとP/L作成による様々な角度からのシミュレーションが、極めて重要なのは言うまでもありません。

閉じる