ロジスティクス

経営とは、仕事により利益を生み、それを還元することですが、数字の側面(会計)から経営を支援する事も必要です。会計の役割は、その会社の経営状態を数値面で明確にし、経営者及び利害関係者に明示する事です。分析されたこれらの数値は、経営者にとって会社の運営状況を管理把握し、次期経営の判断材料に役立てる重要な指標となります。また、株主や取引先、債権者などの外部ステークホルダーにとっては、企業の状態を的確に把握するために重要な指標となります。特に近年、多様化・複雑化するビジネス社会において、迅速かつ適切な経営判断を下すためにも、会社や事業の状態を数値化する企業会計の重要性が一層増しています。企業が存続し続け、また、持続的な成長を図るためには、このような会計面からの後方支援が必要不可欠です。

閉じる