DIALOGUE 対談

【OB対談】ビジネスの学びは現場にあり  

「経営者の支援」だけでなく、「経営者の輩出」も企業理念に掲げる株式会社エスネットワークス。当社入社時から「経営を学びたい」と熱望して夢に向かって邁進、その経験を活かして起業し、現在は株式会社クラフル代表取締役社長を務める大野拓海氏。そして当時大野氏の採用面接を担当した当社マーケティング本部長の下村雄一郎。二人が当時を振り返りながら語る株式会社エスネットワークスの価値観と、そこにマッチする人材とは?

【OB対談】ビジネスの学びは現場にあり
クライアントに常駐して、共に汗を流す。実務実行支援型コンサルティングに憧れ。
下村

大野さんとの出会いは、今思い返してもとても印象深いものでしたよ。人事を担当していた同僚から、「興味深い人材がいるから会ってみて欲しい」という話があって面接させてもらいましたが、最初から「ビジネスを学びたいんです!」と言っていましたよね。それまで公認会計士の資格を取得した上で、さらにビジネスを学びたい、という人は珍しかったので、「これはおもしろい新人が来るぞ!」と期待していました。

大野

そうなんですか(笑)。今になって初めて聞きました。公認会計士になった理由も、もともと同じ気持ちからでした。高校3年生のときに、世の中のビジネスを学べる職業ってなんだろうと考え、銀行員と公認会計士に辿りついたんです。なかでも公認会計士は幅広いフィールドで活躍できるということを知って、目指してみようと思ったのが大きなきっかけでした。公認会計士試験に合格した後はベンチャー企業で働いて、そこでベンチャー企業がどういう仕組みで大きくなっていくか、上場に向けて組織はどうやって変化していくのか、ということをその当事者として経験させていただきました。その会社では新規株式公開(IPO)準備などを主に担当していたのですが、やはり根底には「自分でビジネスがしたい」という気持ちが強くあったので、このまま同じ環境で続けていても自分の夢の実現は難しいと感じ始めていたんです。ちょうどそのタイミングで、その会社がIPO準備を取り止めるということになったので退職し、そのタイミングで当社と出会いました。

下村

おそらく公認会計士試験に合格した大多数の方は、大抵、監査法人へ就職するので、その経歴はかなり異色だと思いましたが、大野さんには目的があって自らIPOを志向している会社を選択したのですね。大野さんの話を聞いていると、歩んでいる人生なり、行動がしっかりと自らの強い意思と符合していて、このエッジの効いたキャラクターは当社に絶対に合う、と思ったんです。

大野

エスネットワークスを選んだ理由は、「『経営者の支援』および『経営者の輩出』」という経営理念への関心からでした。それで会社訪問をさせていただいたときにいろいろお話を伺い、経営の現場を肌で感じることのできるおもしろそうな会社だと思って入社しました。実際に自分が思ったとおり、とても興味深い会社でしたね。

【OB対談】ビジネスの学びは現場にあり
逆境こそが成長のカギ。常駐先での経験が開花させた自己能力。
大野

エスネットワークスに在籍していた間に5社ほど担当させてもらいましたが、その中で一番長く常駐支援したお客様の支援期間は約1年3カ月でした。どういうわけか飲食系のお客様を多く担当させていただいて、ラーメン屋さんや和食チェーンなどを担当していましたね。

下村

通常、常駐支援案件は3カ月から1年間という期間で展開することが多いのですが、大野さんにはそのお客様に1年3カ月という長い期間で常駐してもらいました。そのお客様はいわゆる超大企業で、なかなかハードな案件でしたね。

大野

はい。当初、現場担当として入って、その後、現場マネージャーを任されました。今までマネージャー経験などなかったので最初は驚きましたが、「自分がやるしかない!」と腹をくくって。そこで初めて現場を任されたことで、与えられた状況のなかで仕事をどのように進めていくか、周囲の方をどのように巻き込んで協力いただくか、ということを経験させてもらいました。当時24歳だったのですが、「とにかく自分のできることを全力でやってみよう」、と開き直って全力で取り組んだことで、その後うまく関係を築いて信頼関係が生まれ、業務の範囲を広げていくことができたと思っています。最終的にその案件は長期で契約を結んでいただくなど、とても安定した関係値を築くことができたので、一番印象的な案件として記憶に残っています。

下村

当時のお客様は主として中小企業で、どちらかというと、ダイレクトに経営者である社長を相手に仕事をすることが多かったので、大野さんに担当いただいたような大企業の部長クラスの方と案件を動かしていくことは稀でした。最初、彼らの考え方、モチベーションを把握することに時間がかかっていましたよね。でもそれを乗り越えるきっかけをつくってくれたのが、大野さんだったんです。まだ若いからとか、経験が浅いからとかといったことを理由に逃げることなく、しっかりと自分で考え、その難しい局面の中で物事を前進させていく姿は勇ましかった。その当時、業務の進め方で自分の核としていたものが何かありましたか?

大野

すごくシンプルな話なのですが、目の前の仕事を当たり前にしっかりとこなすことと、コミュニケーションを欠かさないということの二点でした。「相手は別にこれを望んでいないだろう」と勝手に判断を下すのではなく、感じ方によってはちょっとうっとうしく感じられるくらいのコミュニケーションを心がけたんです。やはり人と人との関係なので、たとえ気難しい方だったとしても、仕事を抜きにして飲みに行くうちに、信頼関係を築くことができることがあります。そういったプライベートを含めた交流が積み重なっていくと、彼らの発言の真意が見えてきて、お互いが何を思っているのかがクリアになっていくので、やはりビジネスだけではないコミュニケーションをいかに図っていくかが重要だったと改めて思います。

【OB対談】ビジネスの学びは現場にあり
同じ価値観が生み出す相乗効果と 目的達成へのベストな環境。
下村

大野さんのように、クライアントと表層的でない積極的なコミュニケーションを交わしていくという意識は、既に当社の文化のようになっていて、やはりそういったコミュニケーション能力がある人材かどうかというのは採用の際にも重要視しています。また、本人が持っているライフプランや人生観・価値観と、当社の考え方が合うかどうかが大切。どんなに優秀な方でもそこに乖離があるのであれば、入社いただかないほうがいいと思っています。

大野

価値観という部分から言うと、同僚たちもみんな経営に興味があって、目線が常に高かったです。業務以外でも自身が頑張っているところをお互いに共有することで、モチベーションを高め合っていました。上司のみなさんも、プライベートを含めて社員をどう人間的に成長させるかをマネジメントしてくれる方ばかりだったので、とてもありがたかったです。先ほどのクライアントとの話も、「お客様とプライベートで飲みに行け」と誰かに命令されてやるのは結構辛いと思うんです。けれど、意識の高い環境で働いていると、それが目的の達成に必要なことだと考えて、自主的にできるようになります。そういった意識の変換ができると、そこでまた、ひとつ早い成長に繋がると感じています。

下村

当社では採用面接の時にディスカッションを行って、みなさんに自身の未来像と、それを達成するためにはどうすればいいのかを一緒に考えていきます。その夢に具体的な日付を設定してもらうのですが、大体の方はその通りにはいきません。誰と約束したわけでもない自分だけの約束ですから、いろいろな理由をつけて後ろ倒しにする人が多い。でも大野さんの場合は、自分で設定していた企業のタイミングをさらに早めてきましたから(笑)。正直、その日が来た時には、「ええっ!もうそんな日が来たの!? まだまだ一緒に働きたいよ」って、心の中で思っていました。でも、それまでの仕事ぶりの誠実さや、退職するときも自主的に自分の後任ではないけれど代わりの人材をちゃんと一人連れて来るだとか、スジを通しているなと。最初からとびきり優秀でしたけど、最後まで優秀で、去り際までもカッコよかった。ちなみに、連れてきてくださった方は現在も活躍中で、だからこちらも引き止めたいけれど、これはもう仕方がない、「頑張れ!」って気持ちで送り出したことを思い出します。

大野

そんな風に思ってもらえて光栄です。ありがとうございます。私が思うのは、大切なことは自分が何をやりたいかということを明確化すること。その上でエスネットワークスという組織やリソースを有効活用できる方にとってはすごくいい会社だなと感じます。

下村

やはり大野さんのような人材を、たくさん育てていきたいですね。人生の選択肢というのは無限にあるのですが、みんなそれぞれ自分自身の先を見据えた上で当社にいてほしいと思うんです。安定を求めて「その会社で働きたい」ではなく、「自分がどうしたいか」に気付いてほしい。最近、私は「安定という不安定」という言葉をよく言っているんですが、「安定を求めにいった瞬間から不安定になる」と思うんです。安定した会社に依存して生きていると、いざそれが崩れたときに自分がどうしたらいいのか分からなくなる。それはよくないなと。当社では、単にお客様の外側からコンサルティングを行うに留まらず、お客様の現場に常駐して、その会社のみなさんと一緒に汗をかき経営課題を解決していく。そしてそれも一つの現場で終わることなく、数多くの現場で貴重な体験を積み重ねられる。そういった活きた現場経験を充実させていくと、周囲の環境に左右されない安定した人材として成長していけると考えています。

大野

そうですね。あと、こうして今でも自分を応援してくれて、人間関係が続いているということもとても大きな力になっています。

下村

当社は、それぞれのミッションや目的を持って入社してくれる人が多いのですが、彼らの成長を促していくことでそのミッションや目的を実現させるということも我々の大事な仕事だと思っています。いま、「人を育てる」という仕組みができているので、それをしっかりと確立させて当社に入ってよかった、と思ってくれる人と一緒に、今後、私たちのフィールドをもっと広げていくつもりです。もちろんそれは容易いことではありませんが、やはり大野さんのような人と一緒に、エキサイティングな仕事をしていきたいですね。

【OB対談】ビジネスの学びは現場にあり