組織再編支援

実務実行支援で培ったノウハウから
戦略を策定したうえで、戦略に沿う
最適な組織枠組みを構築

企業が抱える課題・問題点

戦略における選択と集中

意思決定及び実務におけるスピードが最大化される組織運営

グループ全体における最適な資源配分

経営責任の明確化

業務の概要・流れ

業務の概要・流れ

業務概略

著名な経営学者であるアルフレッド・D・チャンドラーJrの言葉で「組織は戦略に従う」とあります。
つまり、「組織構造は、組織が目的を達成するための手段であり、目的は戦略にある」と言ってます。
よく、業績悪化と共に、役職員を変動させたり、事業部を再編したりしがちですが、大事なのは組織員が成果を上げやすくする体制を築くことです。
そこで当社は企業戦略の立案から入り、企業戦略に即した組織体制作りを実行いたします。
当社の支援スタイルである常駐支援を通じて培ったノウハウを生かし、その会社の置かれている状況を踏まえた企業戦略を経営者と共に検討いたします。その上で、その戦略を実行するために最適な組織体制を外的要因、内的要因、法的要因、会計・税務的要因等あらゆる検討要素を踏まえて実行に移します。

エスネットワークスの特徴

企業戦略を立案

  •   まずは企業戦略を確立することが重要です。
    常駐支援を通じ、事業特性、社内風土、ファイナンス余力等を熟知している当社の社員が、新規事業戦略、M&A戦略、海外展開戦略等を総合的に考え、10年先を見据え、中期経営計画に落とし込みます。

戦略を見据えた組織再編を検討

  •   戦略が決まれば、次は戦略を遂行するための大きな組織的枠組みの決定です。
  •   それには1.外的要因2.内的要因3.法的要因4.会計・税務的要因が複雑に絡みあいます。
    1.外的要因とは、この組織再編によって、ステークホルダーにどう見えるのか
    2.内的要因とは、社員にとって理解が得られる組織再編なのか
    3.法的要因とは、本組織再編が法的には問題ないのか
    4.会計・税務的要因とは、会計インパクト、税務インパクトが会社に与える影響はどうなのか
    上記を総合的に判断し、組織再編を行うことが重要です。
    3.4.を検討されることは一般的ですが、当社は1.2.をも含めて総合的に最適な組織再編検討をいたします。

組織再編実行時のプロセス実行

  •   戦略実行のための組織案が固まれば次は実行に移ります。
    本プロセスの実行においてバイサイド及びセルサイドのM&A実行が発生することも考えられます。
    M&Aプロセス支援(バイサイド)  M&Aプロセス支援(セルサイド)
    またM&Aが発生しないグループ内組織再編においても当社は常駐支援を生かし、スピードを持ちながらも、組織人員の心をフォローする見せ方、伝え方までご支援いたします。

組織再編後の最大効果を実現

  •   組織再編の効果を最大限実現するためには、組織の枠組みだけ変えればいいわけではありません。
    戦略を実行するための組織再編後のマネジメントシステムを確立することが非常に重要です。
    当社はこれら一連の流れを意識した手続きを実施します。
    組織統合マネジメント

事業内容

刊行物

はじめての相続

はじめての相続
価格:1620
:64ページ
発売日:2014/7

ベトナム進出のための運営マニュアル

ベトナム進出のための運営マニュアル
価格:2,625
単行本:216ページ
発売日:2013/10

月次決算書 作成の勘どころ

定期情報誌
価格:無料
雑誌:株式会社エスネットワークス発行
発売日:四半期に一度

ページの先頭へ戻る